is 楽しければなんでもいい

bicycle HIROKI MATSUNAGA (バイヤー) HIROKI MATSUNAGA (バイヤー)

 

「伊豆を走ろう」

 

「どうせ行くなら伊豆いち(伊豆半島一周)しませんか」

 

 

こんな感じでプランを煮詰めて行った11月末のライド。

 

 

 

スタートは熱海。

 

 

輪行袋からバイクを取り出し、

バイクやパーツのことをアージャネーコーじゃねーとペチャクチャしながら

のんびり準備をするこの時間が好きだったりします。

 

 

 

今回は2日間の行程。

 

 

 

計画当初は時計回りに走るつもりでしたが、二日目の天気が昼頃からあいにくの雨予報。

 

 

 

時計回りの場合、二日目は西伊豆にいるスケジュールだったので、

急遽、逆回りのプラン変更。

 

 

 

というのも、西伊豆は電車が走っておらず、輪行旅の僕らは

西伊豆で雨に降られてしまうとどうすることもできなくなってしまうため、致し方なし。

 

 

 

逆回りならば、昼から降られるとしても下田あたりからエスケープ可能ということです。

 

 

 

というわけで、熱海から西伊豆を目指すわけです。

伊豆は兎にも角にもアップ&ダウン。

 

 

いきなりのパスハント。「山伏峠」

 

それから若干下りながら、修善寺方面へ。

 

 

下ったらまた登るわけで。

 

「戸田(へだ)峠」

 

 

 

あとは下って海沿いです。

 

西伊豆は景色が最高。

 

松崎あたりで日の入り。

 

1日目はこんな感じでした。

 

1日目はよかった。

ここまでは伊豆いちの行程を全うしていました。

 

 

松崎で有名な「ひきずり寿司」を堪能。

旅先の地の名物や料理を味わうのも旅の楽しみですよね。

この日ばかりは、ほんの少しの贅沢。

 

たまには真面目な話もしたかな

 

 

ビール飲んで、トランプで遊んで就寝。

あー楽し。

 

 

就寝するまで天気予報はやはり雨。台風28号(マンニィ)の影響だったようです。

 

ところが起床してみるとこれもんです。

 

 

急な晴れ間にプランを練りつつ、

 

朝は少しゆっくり目で朝食をとり

 

 

出発

 

 

ところで、

 

なんでマンニィなんでしょう。(MAN-YI)

 

 

 

 

「せっかく晴れたんだし、仁科峠に行こうか」

 

 

と、伊豆いちのはずが気まぐれなプラン変更。

それが僕たちの  #TEAMOFFCOURSE

 

 

 

 

仁科峠を超えて伊東方面へ

 

で、結局二日目はこうなりました。

 

結局、「伊豆いち」は愚か、「伊豆0.5」も済んでいない始末。

でもまあ、楽しければいいよねってことで。

 

 

今回のプランは「伊豆いち」⇨「伊豆楽しければなんでもいい」に変更(事後報告)

 

ということになりました。

 

 

 

自転車に求めるものは人それぞれ。

「何を乗るか」

「どこで乗るか」

「誰と乗るか」

 

 

お金では買えない経験。

「乗る」という純粋。

乗れるうちにたくさん乗りたいなあ。

後悔しないように。

 

 

taco

 

「サイクルパラダイスでは自転車やパーツ、ウェアのリユースを通じて皆様の自転車ライフが快適になるためのお手伝いをいたします。ご相談をお待ちしております。」

 

 

 

Copyright 2019 自転車専門店サイクルパラダイス All Rights Reserved.
SSL GlobalSign Site Seal