PACIFIC CARRY ME 2015年モデル の買取実績

自転車買取センター 東 (メカニック&WEB) 東 (メカニック&WEB)

パシフィック PACIFIC キャリーミー CARRY ME シングルスピード 2015年モデル 買取実績

メーカー:パシフィック PACIFIC
車種:ミニベロ
モデル:キャリーミー CARRY ME
年式 :2015年モデル

買取方法:宅配買取
買取地域:岐阜県

初めてこの自転車を見かけた時、正直にいうとまた変なミニベロが現れたなって思ってしまいました。

それがパシフィックだということを知ると改めて細部をチェックし、乗ってみて、やっぱりすごいなって思わされたのがキャリーミーです。

パシフィックサイクルというのは台湾の会社ですが、日本ではおなじみのBD-1(現在の名前はバーディ)を製品化した会社です。

フォールディングバイクというのはある意味では折りたたみアイデアの世界ですが、いくらアイデアがあっても製品化することが出来なければ世にでることはありません。通常の自転車と違うこの分野は特殊な機構や細かい設計がいくつも必要となります。デザイナーがラフスケッチで書けたものでも、実際の自転車の構造に落とし込むとなると、既存のパーツでは実現できないことがほとんどです。

一見普通に見えるこのドライブ周りも、よく見るとチェーンが細いことがわかります。おそらくは極端に小径したホイールなのでトルクが少ない分、後ろのスプロケットを最小化することが可能だったのかもしれません。その理由としては、、、

通常のチェーンサイズから合わせるギヤの歯の大きさで、このサイズのタイヤを回すとなると、巨大なフロントスプロケットになってしまいます。タイヤが小さいほど、たくさん回さなければ普通のスピードが出ないので、ギヤ比を大きくする必要があります。そうなると重量増や、クリアランスの問題があったのではと思います。つまりチェーンとスプロケット前後、しいてはホイール、そうなるとタイヤ?までスペシャルな可能性があります。もしそうだとすると開発コストを考えるだけでもゾッとしますね。

かわいいチェーンステーです。プレートの曲げ加工で、エンドがそのままステーになったかのようなデザイン。

トップチューブもギリギリのクリアランスでカーブしたフタが溶接されているのがわかります。リンクネジは緩んではいけないのでこれらもフォールディングメーカーならではの当たり前ですがノウハウが必要です。

チェーンすごく細いのがわかりますね。はじめ見た時は驚きました。ここまでやるんだなと。ホイールなんかも削りだしだと思いますが、バイクみたいでかっこいいですね。

出典:http://pacific-cycles-japan.com/

こちらが折りたたんだ状態です。重さは約8.6kgですが、サイズがとにかく小さいですね。ロードバイクが恐ろしく軽いのでそれほど軽いとは思いませんが、物はサイズが小さいほうが取り回しが軽いので、キャリーミーは折りたたんだ状態では本当に手軽さがあります。それでいてちゃんと走ることができるというのは素晴らしい。走行性能は低くなりますが、割り切って乗ればメリットも大きいマシンだと思います。なにより自転車はやっぱり、人力なので全ての要素を兼ね備えれない、というのが面白いです。ある性能を求めると、ある部分を我慢しなければが、いるもついて回る乗り物なんだと今回も改めて思いました。

 

「サイパラの自転車買取」は自転車査定をはじめ、ロードバイクやピストバイク、クロスバイクなどのスポーツ自転車を扱うプロショップの買取専門店です。日本全国より即日対応にてお買取りさせて頂きました自転車をご紹介していきます。関東即日出張、全国梱包不要の宅配買取、店頭持込買取はご好評いただきまして、おかげさまで多くのお買取りをさせて頂いております。
サイパラの自転車買取りの実績は、スポーツ自転車のタイプ別にもご覧いただけます。是非ともご覧ください。

パシフィック PACIFIC キャリーミー CARRY ME シングルスピード 2015年モデル  PAGE TOP

Copyright 2019 自転車専門店サイクルパラダイス All Rights Reserved.
SSL GlobalSign Site Seal