SANDMAN HOGGAR 2013年モデルの買取実績

自転車買取センター 東 (メカニック&WEB) 東 (メカニック&WEB)

サンドマン SANDMAN WHITE ホガール HOGGAR 2013年モデル 買取実績

メーカー:サンドマン SANDMAN
車種:ファットバイク
モデル:ホガール HOGGAR
年式 :2013年モデル

買取方法:出張買取
買取地域:山梨県

ついにこのフレームが入荷して来ましたね。当時はファットバイク市場ともいうべきものが存在しそうな勢いで、メジャーメーカーがこぞって作る姿を見ると複雑な心境でした。

面白いことに柔軟に取り組むという見方もあれば、節操ないみたいな意見もあり、どちらの考えもわかります。古くからそのシーンを作り、支えて活動してきた方々にとっては、いきなりやって来ておいしいところを真似して、活動もせずにブームとともに去っていっては寂しい気持ちにもなるはずです。それと同時に、自転車という歴史がおそらくは互いに影響しあい、改良し、淘汰され自転車もシーンも成長し継続してきてもいるのだとも個人的には思うようになりました。大切なのはそれぞれの立場の違いはあれど、自転車に関する楽しさや便利さを享受しあって、それを続けていくことが大事かなかなと。

前置きが長くなってしまいましたが、このサンドマンを見たときに当時からは時代が少し状況も変わっていて、そういうようなことを思ってしまいました。

↑こちらが組まれた状態のサンドマンです。やばいですね。倒立フォークにファットタイヤ、チタンフレームときたらもうノックアウトです。まずファットバイク用のサスが珍しいのに、倒立フォークとくると男の子心を鷲掴みです。そして誰しも長く自転車に関わっていると一度はチタンの魔力に取り憑かれた経験はあるはずです。

今回入荷してきたフレームは残念なことにフォークその他がありませんでした。かなり残念です。強度の高い倒立フォークはファットバイクに相性抜群な気がします。見たかったな。


こちらBB周りです。独特の質感が出てますね。まるで薄いオイルスリックのような表面。そして細かな溶接ビート。自分は溶接の学校に行っていたので、これがかなり骨の折れる作業だというのはわかります。チタンはとくに扱ったことはないのでわかりませんが、ステンレスをTIG溶接すると同じような感じが少しあります。薄いから注意が必要だし、でもシビアな温度調整は必要だし、といったイメージですが、今度チタンを溶接できる人に聞いてみたいです。

この辺の感じを見ると強烈にグッときますね。見るからに固そうなエンドプレート。繊細さとワイルドさが入り混じった感じがたまりません。と思うのは自分だけでしょうか?ディスクマウントのプレートデザインかっこいいですね。今度は組まれているサンドマンをぜひ見て見たいところです。

 

「サイパラの自転車買取」は自転車査定をはじめ、ロードバイクやピストバイク、クロスバイクなどのスポーツ自転車を扱うプロショップの買取専門店です。日本全国より即日対応にてお買取りさせて頂きました自転車をご紹介していきます。関東即日出張、全国梱包不要の宅配買取、店頭持込買取はご好評いただきまして、おかげさまで多くのお買取りをさせて頂いております。
サイパラの自転車買取りの実績は、スポーツ自転車のタイプ別にもご覧いただけます。是非ともご覧ください。

サンドマン SANDMAN WHITE ホガール HOGGAR 2013年モデル  PAGE TOP

Copyright 2019 自転車専門店サイクルパラダイス All Rights Reserved.
SSL GlobalSign Site Seal