ラレー RALEIGH RF7 Tiagra 2016年モデルの買取実績

自転車買取センター 東 (メカニック&WEB) 東 (メカニック&WEB)

ラレー RALEIGH RF7 Tiagra 2016年モデル 買取実績

メーカー:ラレー RALEIGH
車種:クロスバイク
モデル:RF7
年式 :2016年モデル

買取方法:出張買取
買取地域:長野県

2017年のラレーのクロスバイクをお買い取りさせていただきました。ありがとうございます。

アルミフレームにカーボンフォーク。カラーリングも含めてラレーらしくない感じですが、本当は正確に言うとアラヤのラレーっぽくないというのが正確なのかもしれません。クラシカルなテイストや誠実なパーツアッセンブルが好感がもてるブランドですが、本国ラインナップを見るとかけ離れていることがわかります。

ラレーUSAもそうですし、ラレーUKもラインナップを見ると非常にバリエーションに富んでいます。いくつか個人的にきになるマシンをピックアップしてみましたよ。

こちらはラレーUSAのHPに載っていたトライクです。日本の三輪車はなぜあれほど渋すぎるのでしょうか?と思うほど可愛い。後ろにスチールコンテナを付けて、サドルとグリップとカスタムするだけでも、かなり面白いマシンが作れてしまいそうです。

ラインナップもMTBに限らず多かったのがEバイクです。欧州ではかなり電動マシンが一時期に盛り上がっていましたから、納得でしたが、羨ましい限りです。

自分はもう、山をバリバリ走ることはないですが、このマシンで通勤してみたいです。デザイン的にも悪くないバランスです。座ってのんびり漕いで、30kmくらいで巡航して、安全なら満足です。日本でもなんとかならないですかねー。

つまり日本にあるラレーはおそらくほとんどが日本企画ではないかなって思います。自分は業界通ではないのでわかりませんが、あまりにもアラヤ感を感じます。

それが問題なのかというと、そういうことではありません。自分は以前からちょいちょい話していますが、マディフォックス推しです。全体的な誠実なパーツアッセンンブルと、適正なプライスは好感をもっています。

それとデザインですが、基本的にはそれほど本国とかわりありません。このマシンはちょっと現代的すぎるなって感じる程度です。できればクラシックな感じて推してほしいですですが。

 

「サイパラの自転車買取」は自転車査定をはじめ、ロードバイクやピストバイク、クロスバイクなどのスポーツ自転車を扱うプロショップの買取専門店です。日本全国より即日対応にてお買取りさせて頂きました自転車をご紹介していきます。関東即日出張、全国梱包不要の宅配買取、店頭持込買取はご好評いただきまして、おかげさまで多くのお買取りをさせて頂いております。
サイパラの自転車買取りの実績は、スポーツ自転車のタイプ別にもご覧いただけます。是非ともご覧ください。

 

style=”text-align: right;”>ラレー RALEIGH RF7 Tiagra 2016年モデル  PAGE TOP

 

Copyright 2019 自転車専門店サイクルパラダイス All Rights Reserved.
SSL GlobalSign Site Seal